2006年07月04日

中田引退!

今回のW杯で代表引退か?ともいわれてた中田英寿が、現役そのものを引退するそうだ。久々にビックリさせられたニュースだ。今回の大会で燃え尽きたのだろうか?

日本でも世界でも中田の評価は高いようだ。確かに素人の自分からしても中田の個々のプレイは上手いと思うし、彼自身、自分の美学を大切にする姿勢というのも好感のもてるところだと思う。

ただ、報道を通じてであるが、今回のW杯で代表チームのなかで浮き上がってるところを見ていると世間がいうほどの一流選手かという点で疑問を持ってしまう。

ワールド・ベースボール・クラシックでマリナーズのイチローは若い選手の目線まで降りていってチームを引っ張り初代チャンピオンの座に輝いた。日本のプロ野球選手からすれば、メジャーでバリバリに活躍している雲の上の存在であるイチローが自分と同じところまで降りてきて自分たちを引っ張ってくれているという意識が生まれ、イチローをリーダーとしてチームが一致団結していた。

しかし、イチローと同じく本来ならチームを引っ張っていく立場にあった中田はチームに打ち解けられないままだった。WBCの日本代表とは違い、4年弱の代表としての期間があったんだから、他の代表選手らと意思の疎通をとる時間は十分あったにもかかわらずにだ。チームプレイが重要なスポーツである以上、たとえ自分とは合わない者であっても、お互いが譲り合ってコミュニケーションを図らねばならない。中田が他の代表選手らとどの様に接していたのかはわからないが、彼自身に他人とのコミュニケーションが低かったのではないだろうか?


今回の引退を受けて、ファンの間ではいつの日か中田が日本代表監督となって代表を率いて欲しいという願望が出ているようだ。確かに中田は理のたつ名選手だ。ただ、名選手が名監督となれるかは微妙だ。「選手の自主性」を尊重したサッカーの神様が率いたチームは個々のスキルは向上したかもしれないが、選手が各々好き勝手な方向を向いていたため惨敗してしまった。ビックネーム・理論も大切だが、監督に一番求められるのは選手らを同じ方向に上手く引っ張っていける能力ではないだろうか?私は中田は今のままでは代表監督になっても成功は難しいのではないかと思う。
posted by たかっちゃん☆ at 00:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20234819

この記事へのトラックバック

中田引退。
Excerpt: livedoor ニュース 多分同い年。 でも、29で引退なんてちょっと違うんだろー。 「自分探しの旅」か。。。 でも、彼の中で「何か」が終わったことは間違いない。 そして、また..
Weblog: mountain77 D.Reverse side
Tracked: 2006-07-04 00:32

ワールド・ベースボール・クラシック
Excerpt: ワールド・ベースボール・クラシックワールド・ベースボール・クラシック(World Baseball Classics)は、北中米、アジア、欧州、アフリカ、豪州から合計16の国と地域が参加する野球の国際..
Weblog: メジャーリーグ!!!
Tracked: 2006-07-09 09:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。