2006年07月23日

米米CLUB再始動!

「浪漫飛行」や「君がいるだけで」、「FUNK FUJIYAMA」といったヒット曲で90年代一世を風靡したモンスターバンド、米米CLUBが今年4月1日から10月までの期間限定で活動を再開し、7月19日には焼く9年半ぶりのNEW SINGLE「WELL COME 2」が発売になった。
WELL COME 2米米CLUBの色でもあるソーリー曲でなかなかノリのいいものである。また付属DVDには新曲「WELL COME 2」のビデオクリップと米米CLUBのダンスチーム「SUE CREAM SUE(シュークリームシュー)」による振り付け映像も入っている。そして、ジャケットはQRコード仕様であり、携帯電話で読み取ると特典ジャケットが見れるようになっている。「WELL COME 2」にはHOME MADE 家族とのマッシュアップ「アイコトバはア・ブラ・カダ・ブラ 〜米米CLUB vs HOME MADE 家族」も入っている。
この後、「WELL COME 2」に続く2枚のシングルとアルバム、そして全国ツアーと期間限定ではあるが、その活動が楽しみだ。

人気blogランキング
posted by たかっちゃん☆ at 21:22| 大阪 ☔| Comment(41) | TrackBack(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欽ちゃん球団解散発表と撤回は計算どおりだったのでは?

 極楽とんぼの山本圭一の一件でチーム解散が発表された茨城ゴールデンゴールズ(以下茨城GG)だが、その解散が撤回されたそうな。

 監督の萩本欽一が涙ながらにチームの解散を発表したことで世間はチームに対して同情的意見と解散撤回を求める意見一色になったが、私はこの一連の報道には違和感があって仕方なかった。

 今回の事件は、吉本芸人の山本がやらかした事件によって、茨城GGなど関係各所が多大な迷惑を被っているという構図で報道されているが、これは正確ではないのではないか?事件は、吉本に芸人として所属している茨城GGの選手が遠征先でやらかしたことである。よって、吉本の解雇は当然であり、当事者でもある茨城GGも解雇し、球団としてもなんらかの責任を負うことが当然である。球団解散はいき過ぎであったとしても、チームの活動(試合など)を当面自粛、監督は引責辞任が当然であろう。

 ここで、私が思うに、萩本欽一の涙の解散会見は全て今のような現状を計算したうえでのことだったのではないかと考える。本来ならば前述したとおりの処分を自ら課すのが当然ではあるが、かなり先の試合チケットまで発売されており、自身も監督としてチームに残りたい。ということで、「好きな野球ですが責任とって辞めます」といち早く発表することで世間に山本と吉本による被害者として映るようにし、存続を求める声が出てくると見越していたのではないだろうか?実際に、飲んだ席にいた2選手は謹慎だが、球団と監督の責任はどこへいったのか?

 全ては計算どおりだったのではないだろうか?

 また、いくら欽ちゃん球団とはいえ、茨城市や地元企業、選手、ボランティアなど様々な人々が関わっている団体であり、萩本欽一がオーナー監督であってもその一存で解散するなど勝手に決めてよいものではない。今回の一連の解散騒動についての責任を萩本欽一は如何にとるのであろうか?「解散撤廃でよかった×2!」と世間が水に流してくれることも計算済みなのか?


◆参考リンク
茨城ゴールデンゴールズ

人気blogランキング
posted by たかっちゃん☆ at 18:04| 大阪 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。