2006年07月22日

A級戦犯とは?(その1)

 昭和天皇の発言を記したといわれる富田メモが発見され、来月の終戦記念日が近づくにつれて小泉総理の靖国神社参拝やA級戦犯分祀論などが再び注目を集めていますが、このブログで靖国問題を特集するにあたり、まずA級戦犯とは何かということから記すことにいたします。

 まずはじめに、戦犯とは何かという点についてですが、戦犯とは戦時下において、戦争犯罪を犯した者のことである。昨今の日本の学校教育の現場では戦争=犯罪と教えられている場合が多々あるようだが、第2次大戦当時において、侵略戦争は禁止されてはいたが、自衛を目的とした戦争は認められていた。また侵略と自衛の定義もその当事国が「侵略目的である」といえば侵略戦争であり、誰から見ても侵略戦争であっても当事国が「自衛を目的としている」といえば自衛目的の戦争となったのである。攻めた方が勝てば自衛戦争、攻められた方が勝てば侵略戦争というだけのことである。
 さて、少し脱線したが、戦争犯罪とは戦争をすることではなく、戦時下において戦争のルールを逸脱した行為のことである。当時の戦争におけるルールとは以下のものである。
@非戦闘員に危害を与えてはならない。
A軍事目標以外を攻撃してはならない。
B必要以上に相手を苦しめる兵器(有毒ガスなど)を使用してはならない。
C捕虜を虐待してはならない。
 但し、戦争犯罪を犯したとしても犯した全てのものが裁かれるというわけではなかった。相手側に捕らえられるか、若しくは、敗戦後の敗者のみが裁かれるものであった。

人気blogランキングではA級戦犯とは?(続きを読む)
posted by たかっちゃん☆ at 16:05| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集(靖国問題) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。